予算に収まる習い事をさせる

幼稚園の子どもの習い事にかけるお金の相場は?

音感を磨くために習わせよう

人気の高い習い事は、ピアノのです。
毎月10000円から、12000円ほどの費用が掛かります。
ピアノを弾くことで指先の運動になるので、脳に刺激を与えることができます。
音感やリズム感を養えるので、将来音楽の道に進んでほしいと思っているなら、子どもの頃から習わせてください。
大人になってからでは才能を伸ばしにくいです。
練習しても課題曲をうまく弾けないので、次第にピアノが嫌いになってしまうでしょう。
早く習わせることが、才能を伸ばすことに繋がります。

最近は、バレエを習う子どもも増えています。
小さい頃から習っていれば、美しい姿勢をキープできます。
バランス感覚なども養えるので、習美しく成長させたい場合は習わせてください。
教室自体は、10000円前後で通えると言われています。
ただ、発表会になると別に費用が発生するので、高額な出費になると覚悟しておきましょう。
またバレエシューズは子どもの成長に合わせて、買い替えなければいけません。

体力をつけさせるために、水泳を習わせる親も見られます。
特に喘息持ちの子どもが水泳を始めて、身体を鍛えることによって、喘息の解消に繋がると言われています。
最初は5000円ほどから始められるので、他の習い事に比べて気軽に取り組めるでしょう。
うまくなると、上級者コースに移動できます。
さらに泳ぎを覚えることができますが、上級のコースに行けば行くほど、費用が高くなる教室が多いです。
最終的には、10000円になることもあります。